特集 自然と環境の読書案内

銃・病原菌・鉄

銃・病原菌・鉄(上下巻)


著者:ジャレド・ダイアモンド

出版社:草思社

ISBN:9784061426115

価格:1,995円(税込)

詳細・購入はこちら


レビュアー:近藤純夫(エッセイスト・翻訳家)

なぜ人類は、ある場所では高度な文明を築き、別の場所では原始に近い生活を営むのか? 地球社会が生み出した格差に対する衝撃的な回答がこのなかにあります。ぼくがもっとも影響を受けた本と言ってもよいでしょう。著者は1万3000年前にはじまる人類史を追いながら、環境が人間をつくり出すことを解き明かします。続刊の『文明崩壊』(草思社)も合わせて読んでください。※本書は1998年にピュリッツアー賞を受賞。


レビュアーから:エッセイスト、翻訳家。ハワイの自然と文化に関する著述や講義、講演などを行っており、ハワイ国立公園のアドバイザリースタッフもしています。かつては洞窟探検にはまっていて、日本エコツーリズムセンターの代表理事でもある広瀬さんと一緒に国内外の洞窟を調査したこともありました。主著に『ハワイBOXフラの本』(講談社)、『ハワイ・ブック』(平凡社)、『ハワイアン・ガーデン』(平凡社)、『もっと深く』(岩波書店)などの他、翻訳書多数。近著に『ハワイ学(仮題)』(バジリコ出版)、『鎌倉散策(仮題)』などがあります。

選択肢 得票 投票
私もこの本を推薦します 2