特集 自然と環境の読書案内

川は生きている自然と人間


著者:富山和子

出版社:講談社

ISBN:4062069660

価格:1,260円(税込)

詳細・購入はこちら


レビュアー:川中大輔(シチズンシップ共育企画/ファシリテーター)

今年は、大雨による川の氾濫の被害が各地で報道された。この一連の氾濫の中で、「川は生きてい」て、人間による「支配」の「不可能性」を我々は再認させられたのではないか。生きている川と私たちはいかにして「共生」すべきか、この問いに同書は向き合っている。1978年に書かれた同書の問題提起は今なお、(悲しいかな)新しい。小学生向けの表現だが、「大人」も読んで気づかされることが多かろう。


レビュアーから:99年からNPO法人BrainHumanityで野外教育や不登校児童支援の活動に取り組み始め、副理事長ほか歴任。IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]フェローを経て、現在はシチズンシップ共育企画代表・ファシリテーター、公益・非営利支援センター東京コーディネーター、BrainHumanityリージョナル・パートナー、A SEED JAPAN理事、まちなか研究所わくわく理事ほか。
様々な「つながり」の中で、活動・仕事が広がっていっています(大学からキャンプ場まで)。ウェブサイトをご覧いただいて、興味をお持ちいただけたら、お気軽にメールいただければと思います。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Sakura/3228/

選択肢 得票 投票
私もこの本を推薦します 3